老麵店

老麵店

夕食前の中途半端な時間に伺ったためか、お店に入りメニュー兼注文票を取ると「書かなくていいよ、何食べるの?湯麵?乾麵?」と聞かれました。
他にどういったメニューがあるのかよくわかりませんでしたが、乾麵ととっさに見えた青菜湯を注文。
麺のお店なのでやはり基本は麺を頼み、それ以外の小皿は必要があれば見ながら選ぶのがこの店のスタイルなのでしょうか。

調味料や箸、レンゲは自分で準備します
家庭でも伝説の四醬麵を!

壁のポスターには麺とタレは持ち帰り用も扱っていることが書かれています、やはり麺のお店ですね。
四醬麵という麺が何なのかよくわかりませんでしたが、食べた感じではコシの強い意麵のような感じでした。

乾麵

麺の下にタレが入っているのでかき混ぜて食べます。
タレは芝麻醬というゴマダレだと思いますが、ピーナツバターのような濃厚さがあり、麺と絡み合うと箸が止まらなくなります。
ニラが入っていますが、これも濃厚なタレに合い口の中を爽やかにしてくれます。

青菜湯

青菜湯はかなり薄味。
スープは別にあったメニュー肉骨湯とおそらく共通なのでしょう、豚骨を煮込んだものかと思います。
それに別に湯がいた青菜を加えたのでしょう、色も青々として新鮮でシャキシャキした歯応えが残っています。
台湾の小吃店ではしばしばフライドオニオンやフライドガーリックが使われていますが、これが味と香りの変化を加えます。

他に調理場付近に黑白切という小皿が置いてあります。
今回は特に 食べませんでしたが、覗いてみたところ干豆腐や昆布、豚の耳、ホルモンの滷味などがあります。

お店は清潔に掃除されていますが、犬がウロウロしています

私が訪ねたときは不在だったので確認できませんでしたが、GoogleMapsの口コミによると老闆とは日本語で会話ができるらしいですよ。

お店の場所は以下になります。