津津豆漿

津津豆漿は大頭橋站から少し歩き、延三夜市を抜けたところの交差点にあります。

看板は日焼けしています

通勤時に買っていくお得意さんが多いため、列に行儀よく並ぶ…などはなく、適当に並んで、適当に順番を抜かされ、適当に注文します。

通勤時間はみんな忙しいのでお店の人を捕まえて注文しましょう

日本人のお客さんに慣れているようで、中国語で注文しても一瞬で日本人とバレます。

隣りにイートインエリアがあります

持ち帰りだけでなく、隣りにイートインエリアがあるのでそこで食べていくことができます。
「內用」と注文をしたら後は席に座って待ちましょう。

写真付きメニュー

タイミング的に注文した後になりがちだと思いますが写真付きでメニューを見ることができます。

津津豆漿の招牌蛋餅は炸蛋餅、つまり揚げ蛋餅。
他にも炸蛋餅を出すお店は幾つかありますが珍しい気がしますね。
具の選択肢はなくニラたま?ネギたま?一択です。

当たり前ですが油で揚げているので普通の蛋餅に比べると結構油っこいです。
日本では揚げ物を油から取り出したあと油を切り、更に和紙で油を吸わせますが、日本以外の国ではあまり油を切るという工程をみかけません。
揚げたあと網トレーに一旦置くのはかなりマシな方で、下手をすれば油から取り出し直接お皿に置きます。
その結果油でベチャベチャになった、かなり油っこい料理が出て来ることが多々あります。
覚悟しましょう。

蛋餅

生地の食感はサクサクというわけではなくパイみたいな感じでしょうか、少しもちもちした感じも残っています。
ニラ玉のニラはサッパリ食べさせるための工夫だと思いますが、もう少し油を落としてくれればもっと美味しくなるのに…と思わずにいられません。

鹹豆漿

豆漿は熱々で出てきます。
ここのお店に限らず、台湾の食堂で出て来る汁物メニューはどうしてあんなに熱々なんでしょうか、不思議です。
辣油は必要であれば自分で加える店が多いと思いますが、ここは最初からお酢と辣油がかかった状態で出てきました、酸味と辛味が程よい感じ。
理由はわかりませんが他の店よりも豆漿の食感がクリーミーに感じました。

朝は4時半から始まり、通勤時間にピークを迎え、お昼前には閉店してしまうそうで、まさに早餐店。
他のメニューも色々食べてみたいところですが、前日の晩から行くつもりになっておかないとタイミングを逃し勝ちです。

お店の場所は以下になります。