豆花莊

豆花の激戦区寧夏夜市入口。
その中でも日本人に特に有名なのはここ豆花荘ではないでしょうか。

レトロな看板、豆花莊
上にメニューがあるので行列に並びながら注文を考えておきましょう

並んでいる最中にメニューを見て注文を考えておく…といっても中国語がわからないと何が出て来るのか想像できないと思います。
実は注文カウンターには写真・日本語付きメニューが置いてあります。
何枚も用意されているので、恐らく行列に並ぶ際に持って行っても大丈夫でしょう。
実はこの写真と日本語が併記のメニューの存在が日本人に人気の理由なのではないかと思っています…。

カウンターの角で注文しますが、写真・日本語付きメニューはここに置いてあります
少し中に入り、注文が作られるのを待ちます

1階席は混んでいて豆花を受け取ったものの座席がない…ということもしばしばあるかと思いますが、ここ豆花荘には2階があります。
1階が満席でも2階はガラガラということもよくありますので、そのままトレーを持って奥の階段に向かいましょう。

豆花荘2階

壁には各種メディアに取材された記事が貼られています。
反対側の壁には各種トッピングの説明書きが。
自分のお気に入りのトッピングがどう紹介されているのか気になります。
こういうの、見ていて飽きませんね。

トッピングの説明
トッピングの説明
芋圓豆花
三式豆花(1號) ピーナッツ、あずき、葛切り餅

三式豆花はピーナッツ、あずき、葛切り餅の三種をトッピングに加えて65元、お得。
多くの甘味処と異なり、ここ豆花荘のあずきは結構甘く煮込まれています。
湯でたピーナッツは肉々しい食感で食べごたえがあります。
あずきとピーナッツ、ちょっと柔らかすぎたかも…と思った時に葛切り餅。
モチモチした食感を追加してくれるので飽きません。
あずきが甘い分スープは甘さ控えめという印象。

食べ終わった食器は自分で1階の階段横の棚まで持って行きましょう

お店の場所は以下になります。