平溪線_三貂嶺

三貂嶺站周辺

平溪線の説明でも述べましたが、宜蘭線との分岐駅となっている三貂嶺站。
ここ三貂嶺站より先が真の平溪線です。

三貂嶺站

崖っぷちに建っている何もない秘境駅ですが貨物列車が乗り入れたりする都合上駅員さんは意外にも数人配置されていて、乗り降りする人よりも駅員さんの方が多いのが常になっています。

基隆河に遮られ徒歩では辿り着けませんでした…
ここで平溪線と宜蘭線は分岐します

駅ホームにはトイレもあり、改札口付近にはそれなりに広いスペースもありますが、長いプラットフォームの大部分はとても細く特急も通貨するのでホームで電車を待つことは許されず、電車を降りると待合室に連れて行かれます。
列車の到着時刻が近づくと駅員さんが改札口を開け、平溪線なのか宜蘭線なのか教えてくれます。

細いプラットフォーム
待合室

私は外国人だったので渡されませんでしたが、この駅で降りた台湾人はアンケートを渡されていました。
三貂嶺站の利用目的でも尋ねられているのでしょうか。

駅裏の通路を通って線路沿いを歩くことができます。

駅裏の通路

廃墟になっていますが、昔はここにも食堂などが並んでいたようです。
やはりここ三貂嶺站も炭鉱の施設として利用されていたのでしょう。

廃墟
廃墟

徒歩コース

線路沿いの突き当りからは線路が分岐している様子が見られます。

分岐した宜蘭線

地下道を通って反対側へ出られます。
反対側が平溪線側になります。

地下道
地下道
左が宜蘭線右が平溪線

乗り換え時間の都合上ここらで引き返しましたが、この道がどこにつながっているのか気になりますね。
噂では登山路になっているそうですが、基隆河と線路に挟まれた道からどうやって登山口へ辿り着くのか…。
線路の向こう側には山に入って行く道がチラホラ見え隠れするのですが…。
途中線路を横断できるところがあるのでしょうか、またはその辺り細かいことは言わぬが花なのでしょうか。

車窓から

車窓から見ると引き返した地点より少し先、このあたりまで道が繋がっているようでした。
家が数軒、お店もあるようです。
ここから先は鉄橋になっていましたが、徒歩の場合は果たして…。