平溪線_大華

大華站周辺

個人的に平溪線の中で一番存在感がないのがこの大華站。
平溪線の約半数の駅には秘境駅といった雰囲気がありますが、駅を出ると家が数軒。
確かに人は住んでいるようですが、それ以外は山という大華站が一番秘境駅に相応しいのではないかと思っています。

大華站
駅の前は基隆河、その奥は山
駅の後ろも山

大華站は登山の出発点として利用される以外、特に何もありません。
写真を撮影しようにも山までの距離が近すぎ全体的な雰囲気をうまく撮れず、それがまたこの地の何もなさを強調する有様です。
観光する場所は駅前の待合小屋のみ、もしそれを観光と呼ぶならば、ですが。
スタンプが置いてありますので、降りた際は是非記念に手帳か何かに押していきましょう。

待合小屋
山に入って行くことはできます

噂によると線路沿いに十分瀑布まで歩いていけないこともないそうなのですが、その道がどこにあるのかわかりませんでした。
そもそも道などなくて立ち入り禁止の線路を歩いて行く話なのかもしれません。
または道はあったものの危険などの理由で今は入れないようになっているのかもしれません。

大華を代表する観光スポット、大華壺穴に関しても同様道がどこにあるのかわかりませんでした。
ただ壺穴は基隆河のここら一体、結構どこでも見ることができますので無理をして大華壺穴を探す必要はないと思います。

唯一の救い、駅前のカフェ

駅前にカフェがあるのがここ大華站唯一の救いで、ここでコーヒーを飲みながら電車を待つことはできます。
電車を待つために電車を下車する感じですが…。

ただ何故か時刻表にない電車が突然来ることがありますので油断できません…。
私が訪れた際も何故か突然電車が来たので、時刻表を見てカフェで休憩していた人たちは呆然とするしかなく、取り残されていました…。