鼎元豆漿:内装がカワイイ、商売上手な朝ごはん屋さん

23/12/2020

捷運站の中正紀念堂から少し歩いたところにある鼎元豆漿。
雑誌で紹介されていたのかインターネットで見かけたのか忘れてしまいましたが評判がよかったので行ってみました。

鼎元豆漿

混み合う時間を避けて早めか遅めに行くようにしているので食べたいものを買えないこともしばしば。
今回も高麗菜肉包を目当てに行ったのですが売り切れとのこと、残念。
すると「代わりにこれはどう?美味しいよ!」と提案してくれます、商売上手。

カウンター越しに何があるか覗いてしまいます
メニューを挟んで入口近くが持ち帰り用、奥が店内用の支払いカウンターになっています

書道、鼎元豆漿

注文をしたら食器やタレを準備して席に着きます。

調味料置き場

鹹豆漿加蛋は豆乳が幕を張った湯葉、ネギ、玉子、油條、それから大根でしょうか、歯ごたえのある漬物のようなものが入っています。
また見てわかるように胡麻油が効いています、辣油は見かけますが胡麻油珍しいかも。

鹹豆漿加蛋

鹹豆漿の玉子と被らないよう蔥花餅夾油條を注文。
油條は余れば鹹豆漿に入れればいいので使い勝手がよいですね。
蔥花餅は思っていたよりもボリュームがあり、ネギを挟んだパンという感じです(更に中に油條、つまり揚げパンが挟まれています)。
味付けは塩胡椒でシンプルですが豆漿を頼んでいない場合はパサパサするので辛いかも。

遅い時間に訪ねたのでお客さんも少なく厨房も落ち着いていました。
モザイクタイルがかわいいですね。

厨房、時間的にもう落ち着いています

お店の場所は以下になります。

Advertisements