華山1914でカルチャーとブックとアートと珈琲

今回紹介するのは台湾の台北市にある華山1914です。

華山1914といえば元々お酒を造る工場だったものをリノベーションして多様な文化発信の基盤…等々、既に日本人にも十分有名だと思いますので、軽く行きましょう。

カフェや小物屋さん、期間限定の店舗としての出店等々、お洒落なお店がたくさんテナントとして入っています。

ハンドメイドな小物や輸入雑貨が多いですね。

その中を彼方此方覗いて冷やかしながら開催されているイベント会場を見て回る、または映画館で上映されている映画を見る、というスポットですね。

今回は日本の東北地方の紹介、というイベントを中心に大小さまざまなイベントが開催されてました。

秋田県の秋田犬。

台湾人はペットを買っている人が大変多く、動物が大好きなので秋田犬は大人気です。

イベント会場では他にも江戸前寿司の実演試食であったり、日本酒の利き酒であったりの飲食ブースに加え、スキーシーズンの旅行紹介や観光地紹介、伝統的な玩具の紹介等々、それぞれ盛り上がっていました。

こちらは台湾の工芸作家の作品と人物紹介ですね。

石で作られた作品。

竹の作家も紹介されていました。

日本のアニメのイベントも頻繁に開かれています。

今回の目当てのイベントはこちらでした。

Culture & Art Book FAIR in TAIPEI

第一回目が今年の四月に開催され、今回は第二回目だそうです。

このイベントで台北のアートや文化情報を一挙に入手してしまおうと思ってきたのですが…。

この行列に挫折…orz

まだまだ他の機会もあるので、無理せず、退散しましたとさ。

ちなみに、 日本からもたくさんの出店があるそうで、彼方此方で日本語が聞こえていました。

第一回 Culture & Art Book Fair in Taipei

第二回 Culture & Art Book Fair in Taipei

同じ主催でしょうか、珈琲のイベント(Culture & Coffee Festival in Taipei)もやっているそうです、行ってみたい…。

日本語の記事はこちら、珈琲イベントの記事もこちらにあります。

個人的に日本の文化を外国に発信する試みは大変意義のある事だと思っていますので、台湾等アジアのみならず欧米や中東にもどんどん積極的に出て行ってもらいたいものです。

加油~!

https://www.huashan1914.com/w/huashan1914/index