あの「欣葉」に台湾料理を食べに行ってみました

今回紹介するのは台湾料理の「欣葉」です。

旅行雑誌なんかでも取り上げられている有名なお店ですね。

有名すぎて…旅行者向けの料理を提供しているのでは?と疑って行かない人も多いかと思います(私がそうでした)が、欣葉は台湾料理のみでなく、日本料理も提供している台湾地元民にも人気のお店です。

実際私が行った時も最初は日本人団体客ばっかりだったりして…と思っていたのですが、台湾人で賑わっていました。

旅行では地元の人が行くお店…の中から美味しいお店を探し出すのが一つの楽しみでもありますが、言葉も分からない状態で美味しいものに辿り着くのは至難の業です。

ましてや二泊三日等の短期旅行では…冷静に考えれば不可能だとわかるでしょう。

やっぱり最初は雑誌やブログの紹介を参考にして、何度も訪れる中から情報を集めて好みの味を見つけ出して選択肢の幅を広げていく…というのを(自戒を込めて)オススメします 😛

今回「欣葉」に行くことになった切っ掛けは日本から(グルメな)友人が来るということで何を食べに行けばよいのか、ということでした。

台湾小吃や地元のお店はたくさんありますが、そういうお店は10分程度でちゃちゃっと食べて出ていく感じなので、ゆっくり食事を楽しむというシチュエーションには向いていません。

かと言って、台湾に住んでいるとゆっくり食事をするのは日本料理やタイ料理、ベトナム料理等々のお店の場合が多いので、折角台湾に来る旅行者にはオススメし難い…。

勿論くつろげる台湾料理や香港料理のお店もありますが、お値段高めの割には口に合わないので…。

火鍋しかないか…と思ったところに「蟹おこわ」を食べたいというリクエストが!

そこで(旅行者向けでは?という偏見はありながらも)「欣葉」に行ってみよう、という流れになったわけです。

日本人大好き大根餅。

頼むと思っていたよりもおいしくない場合が多いです…笑

鶏肉を甘辛くした料理もみんな大好きですね。

台湾では基本肉料理は骨付きで出てくるので手を汚さずに食べるのは至難の業。

もう少し鶏肉を柔らかく調理できないものか。

ウェットティッシュを持っていくとよいですよ。

台湾では食事の際に飲み物を飲む人が少ないので、大体スープを頼みます。

個人的には美味しいスープに出会ったことは少ないのでお茶かお水を頂ければ…。

この手の青菜を炒めた料理は何を食べてもおいしいですね。

野菜大好き。

青菜と書かれている場合は季節によって材料が変わるらしいですよ。

これが蟹おこわ。

好吃!!

やっぱり4人くらい人数がいると色々食べられるのでよいですね。

「欣葉」は台湾での食事としては若干高め(2000円/人くらい)ですが、十分に美味しい現地料理を食べられたので満足でした。

もしかすると旅行者向けのお店の方が旅行者には口に合うのでは…という本末転倒の考えが頭によぎりましたが、どうなんでしょうね。

 

こちらで日本語で詳しく紹介されていますね。

https://www.taipeinavi.com/food/123/

ホームページ(日本語)はこちら。

https://www.shinyeh.com.tw/content/JA/index.aspx

それではまた。